釣行日:2024年1月2日(火)
時 間:7:00 〜13:00(正月シフト)
天 候:晴、前半北の風、中潮
船 宿:やまはち丸(ヤリイカ泳がせ)
漁 場:城ヶ島沖周辺
釣 座:左舷ミヨシ

↓ポチッと応援ありがとう!
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

みなさま、改めまして新年明けましておめでとうございます。
元日早々、能登地方をとてつもない地震が襲い、そして翌2日には羽田空港でJAL機と海保機が衝突炎上。波乱の幕開けとなってしまった2024年。何を隠そう、石川県はつりねこの地元です。幸い金沢市に住む友人等は皆無事でしたが、能登地方を中心に現時点で60名を超える死者がでているようです。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、一日も早い復旧を祈っています。

◾️2024年の幕開け

さて2024年最初を飾る釣りは、やはりこれですね。ヤリイカ泳がせ。

この釣りはまぁまぁハードルの高い釣りです。まずエサのヤリイカが釣れるかどうか不安定という第1ハードル。そしてエササイズのヤリイカが釣れたとして、次に泳がせて「いい魚」が食うかどうかという第2ハードル。この二つのハードルを超えなくてはならないので、まぁまぁ博打な釣りですが、新年を占うのには最適な釣りかもしれません(笑)

IMG_1683
2024年初釣り日の出

◾️泳がせられるか?それが問題だ

まずエサになるヤリイカを釣らないといけないわけですが、ヤリイカを釣るというハードルに加えてもうひとつ、実は心理的なハードルがあります。それは「せっかく釣った旨そうなヤリイカを惜しげもなく針にかけて泳がせる」こと。慣れればまぁどうってことないんですが、やはり「釣果」を求めてしまうと
せっかく釣ったヤリイカだしな、持って帰れば食えるしなぁ…、餌にするには少し大きいからもう少しイカ釣ってから泳がせようかな…。
なんていう弱気の虫が自分の中にわいてきます。それを断ち切って、旨そうなヤリイカを海の中に再び投入することができれば、ひとつ大人の階段を上がったと言っていいでしょう(笑)。

◾️2024年1発目のノリは?

30分ほど走って2024年第1投!まずは城ヶ島沖あたりの水深200mから。11cm7本ブランコでスタート。結局ずっとこの仕掛けでした。船長によると潮が結構いってるので、まずはイカ釣りのみでとのこと。こんな時にイカ釣りと泳がせの両方出すと手前祭りしちゃってどうしようもなくなります。

そろそろ着底かなというところで竿先に違和感。仕掛けを止めてシャクってみると乗りました。何と新年1発目は着ノリどころか着前ノリ。エサには若干大きめかなというサイズですが、全然使えるサイズゲット。
IMG_1685
タマは確保したっ!

◾️ヤリイカ釣り楽しい(笑)

その後も流し変えの度にヤリイカはポツリポツリと獲れて、飽きない展開。潮目が悪いため船長からは泳がせGOサインがまだ出ませんが、これはこれで楽しい。途中4点掛け(ひとつ食われた)なんかもあって、弾数としては十分なヤリイカがたまってきました。

IMG_1690
食われました。ハモノいるよっ!
IMG_1691
イカ釣り調子いいです
10時過ぎにツ抜けしたあたりで船は東へ移動。潮のぬるいところに移動していよいよ泳がせスタート!

◾️泳がせていく!

IMG_1689
船上おせちw
まずは腹ごしらえ。今日はおせちを弁当箱に詰めてきました。船上おせち。船の上で食べるご飯はなんでも旨いですが、船上おせちもまた格別です。1年のうちこの時期しか食べられないですしね。

泳がせる場合、タナ取りは結構重要です。あまり底近くだとサメとかフグにやられる事が多くなるので、基本的には最低でも底から5mはタナを切ります。かけ上がりの場であれば7m程度。つりねこは大抵いつも7mほど切って待ちます。で、しばらく様子見て、またタナを取り直して7mで待つという繰り返し。

そうこうしていると竿先にモゾモゾっと違和感。何か食ってるようですがなかなか食い込みません。手持ちで待ってみましたが何事もなく終了。上げてみるとイカ様、一部かじられて殉職していました。何だろう、フグかな?

◾️船中トリプルヒット!

後ろでは常連A氏が竿をぶち曲げている最中。そして真後ろの右前の方にもアタリ!いずれも本命良型マダイ。この辺マダイの溜まり場か?というところでつりねこの竿もズドン!

最後までずーっと暴れてたからひょっとしたらメダイかなとも思ったけど無事マダイゲット!アタリから食い込みまでがモジモジ…モジモジ…コツコツ……っとえらく長くヒヤヒヤしましたが、新年めで鯛、無事ゲットすることができました。
IMG_1693
2.3kg 45cmの美しいマダイ!

◾️弾はまだある

そう、今日はイカ釣りも好調だったため弾はまだまだあります。すかさず2匹目のドジョウを求めてイカ投入。ほどなくしてまたコツコツモゾモゾ…

何だろう、今日は食い込みが悪い?イカが少し大きいかな?何か別の魚がいたずらしてるのか?

ヒリヒリするような展開を置き竿から手持ちに持ち替えて固唾を飲んで見守ると、ようやく竿先が入った!ここで大きく竿を煽って電動巻きアワセ!

1尾目とは違ってスイスイ上がってくる魚。何だろう、カガミダイとかだと嫌だなwなんて話しながら上がってきた魚はこちらでした。
IMG_1694
お次は約1.3kgの食べ頃マダイ
2枚目!1尾目よりも小ぶりでしたが、食べ頃サイズの約1.3kgの綺麗なマダイでした。泳がせでマダイ2枚は上出来ですね。

最後の流しでまたモゾモゾありましたが、不発。イカが殉職して上がってきて、2024年初釣り終了。最終的にマダイ2枚、ヤリイカ11杯と、最高の滑り出しになりました。

◾️最後にイカ釣りについて

そうそう、イカ釣りですがこの日は割とパターンがあった気がしました。タイミング良く群れにあたって着ノリする場合以外では、フォールで乗ってくることが多かった気がします。大体5〜6mくらいシャクりながらタナを上げてから、2m程度を3回に分けてスッ、スッ、スッて感じで誘い下げると乗ってくるというパターンがポツポツありました。泳がせ釣りなのでイカが十分貯まった10時過ぎくらいからは泳がせのみでしたので、もう少しイカ釣り継続してたら傾向クリアに分かったかもしれませんね。

さて、次に予定しているのは7日に釣友I橋さんとのフグ。場所は未定だけどアカメ狙いになるかな、やっぱり。あとは、子ども達二人とも受験の年なので、終わるまで少し控えめになるかな?ならないかな?(笑)

災難続きで始まった2024年ですが、いい年にしていきたいと思います。
あー早くつり行きたい!

釣 果:マダイ2尾(ヤリイカ×11)
仕 掛
ヤリイカ(ピッカピカ11cm8本ブランコ、角間130cm、オモリ100号)
泳がせ(ヒラマサ針14号親針&孫針、ハリス10号)
道 具
ヤリイカ(ダイワ極鋭ヤリイカ82MH-175AGS+ダイワシーボーグ200J-L PE2号)
泳がせ(ダイワリーディングネライMH200-J+ダイワシーボーグ 300MJ-L PE3号)


↓もっと面白い船釣りブログもチェック!
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村